20 年間的變化,比童年回顧更具意義的「日本的漫畫*動畫*遊戲」展

日本 ACG 文化影響深遠(沒有它們也不會有紙本分格吧),這次在日本國立新美術館舉辦的「日本的漫畫*動畫*遊戲」展,展出了自 1989* 年後到 2015 年,日本的漫畫、動畫及電子遊戲這三大創意文化產業約 130 多個作品。作為一個總覽,當中不只是普通的展示所謂重要的作品,而是分開了 8 章去引領參觀者分析和感受這 20 多年的變化。
* 1989 年,手塚治虫去世,應是由「後手塚年代」開始說。

這 8 章分別有:(翻譯取其段落大意,有錯請指正)

1)英雄式的主角,漫畫的「王道」

2)科技進步,描寫更真的「現實」作品:其世界觀和視覺表現

3)網上社群的誕生:個人小創作、二次創作作品等

4)遊戲演變成聚集場所——與全世界連線的遊戲

5)活在「真實」的角色

6)日常與非日常的交錯

7)與現實的連結,回饋社會影響的作品

8)創作者的「手工藝」動畫與影像的處理,如何以技術和心思去掌握受眾的情緒起伏

 

展覽圖片來自 Fashion PressNatalieITmedia

展覽館外的宣傳板。

manga_anime_0623

news_xlarge_DSC_0002

 

各個作品的主要角色,把角色圖畫放大再統一的印在黑色背景之上。

news_xlarge_DSC_0023

news_xlarge_DSC_0011


漫畫原稿的展示。

news_xlarge_DSC_0095

 

近來風雲再起的《Final Fantasy 7》,在 1997 年推出時可算是對遊戲界一個核彈級的重大影響。

l_kuro_150623mangaanimegame12  

 

《新世紀福音戰士》 TV 版的展示,一字排開式把 1–26 話一起播放。

l_kuro_150623mangaanimegame26

 

新媒體/跨媒體的代表人物,初音ミク。

news_xlarge_DSC_0079

 

各篇章的部分展出作品:

 

第 1 章 現代のヒーロー&ヒロイン
A – NARUTO ―ナルト―(火影忍者)
A – 美少女戦士セーラームーン(美少女戰士)
A – 少女革命ウテナ(少女革命)
M – 七つの大罪(七大罪)
A – 天元突破グレンラガン(天元突破紅蓮螺巖)
G – ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(勇者鬥惡龍 4:被引導的人們)
G – スーパーマリオ3Dワールド(Super Mario bro. 3D world)

第 2 章 テクノロジーが描くリアリティ―作品世界と視覚表現
A – イノセンス(攻殼機動隊 INNOCENCE)
A – 電脳コイル(電腦線圈)
A – シドニアの騎士(銀河騎士傳)
M – GANTZ
G – バイオハザード、バイオハザード リベレーションズ 2(生化危機2)
G – メタルギアソリッド(Metal Gear Solid)
G – ファイナルファンタジーVII(Final Fantasy VII)

第 3 章 ネット社会が生み出したもの
A – ほしのこえ(星之聲)
G – ひぐらしのなく頃に(寒蟬鳴泣之時)
G – クリムゾン・ルーム(密室逃脫)

第 4 章 出会う、集まる―「場」としてのゲーム
G – ポケットモンスター 赤・緑、 ポケットモンスター X・Y(寵物小精靈紅綠版、XY版)
G – シーマン(人面魚)
G – Dance Dance Revolution
G – 太鼓の達人
G – ストリートファイターII、  ウルトラストリートファイターIV(街頭霸王 2 & 4)
G – モンスターハンターポータブル 2nd、  モンスターハンター4G(Monster Hunter 2nd & 4G)
G – ファイナルファンタジーXIII、  ファイナルファンタジーXIV(Final Fantasy XIII & XIV)

第 5 章 キャラクターが生きる=「世界」
A – けいおん!(K-ON!)
G – アイカツ!(星夢學園)
G – ラブプラス(LOVEPLUS)
G – うたの☆プリンスさまっ♪(歌之王子殿下)
G – Jリーグ実況ウイニングイレブン(Winning Eleven)
G – 戦国BASARA4
初音ミク

第 6 章 交差する「日常」と「非日常」
A – 涼宮ハルヒの憂鬱(涼宮春日的憂鬱)
A – らき☆すた(幸運☆星)
A – あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。(未聞花名)

第 7 章 現実とのリンク
M – 鈴木先生
M – 好きっていいなよ。(只要妳說妳愛我。)
M – あの日からのマンガ(那天開始的漫畫)
M – ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険 Part8(JOJO 的奇妙冒險 Part8)

第 8 章 作り手の「手業」
A – パプリカ(Paprika)
A – マクロスプラス(Macross Plus)
G – グランツーリスモ6(Gran Turismo 6)

結語
A – メトロポリス(大都會)

詳細資料(可按圖放大):

簡易リスト和

簡易リスト和

簡易リスト和

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展


2015 年 6 月 24 日 – 8 月 31 日
* 逢星期二休館
* 9 月將移至兵庫縣立美術館繼續展出

開館時間
10am – 6pm(星期五至 8pm)
* 閉館前 30 分鐘停止入場

會場
国立新美術館 企画展示室 1E
東京都港区六本木 7-22-2

主辦單位
国立新美術館企画メディア・アート国際化推進委員会(国立新美術館、兵庫県立美術館、CG-ARTS協会)

 

留言吧!