「獻給不願讓這一切在高中結束的你。」井上雄彥

 


 

「高校ではおわれない、君へ。」

「獻給不願讓這一切在高中結束的你。」

 

Slam Dunk Scholarship」第十二期生開始招募,井上雄彥在官方網頁簡單畫下了櫻木花道抬頭望向天空的背影。除了謝謝日本和美國相關的單位外,也提到了計劃的點點感想。

他說到,起初籃球帶給他實在有很多美好的事情,所以他開展了這獎學金計劃去答謝這「恩人」。

日本的男子籃球在近三十年的奧運會中成績也不太好,究竟是甚麼原因?從不同的訪問中,問到教練和球員們,他們的答案大多是關於在國內本土於國外打球經驗完全不同。儘管他們很想吸收更多外國比賽實戰的經驗,可是苦無渠道。

「我們需要建立一道橋樑。」井上老師想到。

成立了十二年的獎學金計劃,正正是就是這道橋樑,帶日本具有潛能的高校生,到「籃球之國」美國留學、訓練和實戰,吸收更多更多的經驗再帶回日本。早年的學員在近年已經學有所成,並回到日本在 B.League 成為了職業籃球員,在日本籃球界打拼。

最後,井上老師問到曾參加計劃的學員:「你們在留學時得到了甚麼?」他們的答案個個不同,但所有人也有提到一個共同的字詞:

 

「成長」

 


 

日文全文:

 

スラムダンク奨学金第12期生の募集を開始します。

 

12年、いつの間にか干支(えと)が一回りしました!

たくさんの方たちの支えのおかげでこの道は続いています。

心より感謝いたします。

 

さて、この機に今一度初心を振り返ってみます。

自分の人生にバスケットとの出会いがもたらしてくれた恵みははかり知れません。

バスケットボールへの恩返しをしたいという思いから、この奨学金を立ち上げました。

 

だけど恩返しといっても何をしたらいいのか。

日本バスケがどうなったらいいと考えているのか。

 

自問した答えはこのようなものでした。

「10代の大半の時間を捧げたであろう好きなバスケで食べていける人が増えること。」

「1人でも多くのバスケットに関わる人たちが幸せになること。」

「強い日本!」

 

当時ですでに男子バスケは、30年間もオリンピックから遠ざかっていました。

世界の中でもっと強くなることなしに、日本バスケの繁栄は叶わないと考えました。

強くなるために何が足りないのだろう。

 

国際試合のあとのコーチや選手のインタビューで、昔から繰り返し目にしてきた言葉があります。

「当たりが違った」

「笛が違って戸惑った」

「やれないことはない」

「追いつけない差だとは思わない」

「こうした経験をもっと積んでいければ・・」

 

正直な感想だったと思います。

海外での経験不足は明らかでありながら、しかし状況はなかなか変わらなかった。

海を渡ることが必要と多くの選手が思っていても道筋がなく、何人かの勇気ある挑戦者たちが単身道なき道を切り開いて行く状況は続きました。

 

「バスケ強国へと渡る橋をかけることこそが必要だ」という思いに至りました。

 

多くの方が様々な形で協力してくださり、この奨学金制度をスタートさせることができました。

より良い形を求めて変えるべきは変えながら、日米両国のいろんな人たちの支えと、奨学生たちの日々の頑張りのおかげで、今日も橋はかかっています。

 

歴代の奨学生たちに「留学で得られたものは何か」と聞くと、答えは様々ですが、皆一様に口にした言葉が「成長」でした。

 

自分を磨きたい意欲を持つ貴方の決意を応援します。

アメリカでのバスケットを心から欲している貴方の応募を待っています。

 

2017.10.30

井上雄彥

 


 

 

井上雄彥官方網頁:itplanning.co.jp

Slam Dunk Scholarship:slamdunk-sc.shueisha.co.jp

Slam Dunk – 4814 Days After

 


 

留言吧!